リッドキララ アイプチ

リッドキララとアイプチの決定的な違い

まぶたを二重にしたいとアイプチを使われている方も少なくないようです。また、同じまぶたの悩みでも下がってきた・たるんできた・ハリがないなどでお悩みの方に多く愛用されているのがリッドキララです。

 

リッドキララとアイプチは何が違うのでしょうか?何の目的で使われるのか、そのような効果が期待できるのかなど、違いを調べてみました。

 

まぶたを二重にする糊を一般的にアイプチと言われていますが、ここではイミュより発売されている商品名アイプチPと比較します。

 

 

リッドキララとアイプチの違い

 

リッドキララ

塗ると直ぐに3次元密着フィルムが作られ、まぶたを引き上げ引き締める、ハリのあるまぶたに導きます。また、外的ダメージを受けたまぶたを内側から、コラーゲンとエラスチンでサポートするので、使い続けることでまぶたの土台作りを助けます。最大の特徴は目を大きく見せ、かつ肌の内側からケアもしていることです。

 

アイプチ

まぶたに塗って軽く押さえるだけで、自然な仕上がりの二重まぶたに。透明で光ることもなく塗っているのが目立ちにくい特徴があります。また、優れた定着力で水や汗に強く二重を長持ちさせます。優しい成分配合で皮膚の薄いまぶたをいたわります。

 

 

リッドキララとアイプチの違いのまとめ

 

アイプチは一重の方で二重になりたい方におすすめです。何しろ即効性があるのが良い点です。しかし、アイプチによって形作られた二重は、アイプチを剥がしてしまうと一重に戻ってしまうでしょう。

 

毎日毎日続けて使っていくと、あるいは二重が癖になってくることも考えられるでしょう。付けているときや剥がすときなどちょっと肌に負担がかかるかもしれませんが、イミュ製のアイプチは肌に優しい成分を配合しているので、あまり心配ないようです。

 

一方、リッドキララは二重にしたいというより、まぶたが下がってきた・たるんできたというお悩みの方におすすめです。塗って直ぐパッチリ目になる即効性と、まぶたのハリに必要な成分を角質層まで浸透させ、健やかなまぶたを目指せます。

アイプチとリッドキララに関する口コミ

リッドキララとアイプチの違い

 

 

二重を形作る目的のアイプチと、まぶたにハリを与え引き締め引き上げるリッドキララ。アイプチとリッドキララの両方を使われた方の口コミをご紹介します。

 

 

アイプチとリッドキララに関する口コミ

 

年々二重が作りにくくなり

以前はアイプチを使って二重にしていましたが、年々二重が作りにくくなり、そんなときにリッドキララを知り、使い始めました。ハリを出す即効性と引き締めの持続性があるとのことですが、私はハリというより何故か二重になりました!また、酷い乾燥肌だったのですが、潤いを感じるようになりいつもと違う目元の感じがとても気に入りました。なかなかこういうアイクリームは効果が見えにくいのですが、リッドキララは色々と効果を実感できました。

 

元の二重に戻すことができました

使用前は片方だけ一重の右目に毎日アイプチを使っていました。まぶたが不安定な状態だったのが、リッドキララを使っていく内に、アイプチを使わなくても元の二重に戻すことができました。

 

私にとても合っていると思います

目を大きく見せたいので、普段からアイプチを使っていました。剥がすときに優しくしなかったのが悪いのか、まぶたがたるんで伸びてきたような感じになりました。でも、リッドキララはたっぷりの美容成分でケアしながら、パッチリ目になれるので私にとても合っていると思います。

 

 

アイプチとリッドキララに関する口コミのまとめ

 

アイプチとリッドキララの両方を使ったことがある方で、アイプチも効果的だったけどちょっと一時的な感じが否めないという口コミも聞かれました。アイプチを使って二重が癖になり、リッドキララでの効果と相まって満足されているという口コミが多い印象です。

 

 

>>リッドキララ全額返金保証付きでの購入はこちらから