目 クマ 種類

目の下のクマの3つの種類と自分でできる対処法

顔に印象に大きく影響する目元。まぶたのたるみや下がりも気になりますが、目の下のクマも気になるものです。

 

疲れると目の下にクマができることがあります。しかし、疲労が回復すると改善されると心配ないのですが、目の下のクマは疲れだけが原因で起こるとは限りません。

 

ここでは、目の下のクマの種類とそれぞれの原因と、対策方法を調べてみました。

 

目の下のクマの種類と対処法

 

目の下のクマの種類とそれぞれの症状と対処法

 

青クマ
原因と症状:

目の疲れや血行不良などが原因で、目の周囲の毛細血管の流れが滞り、静脈が透け目の下が青黒く見える。目の周囲の皮膚は薄いので目立ちます。

 

対処法:

血行不良が主な原因なので血行不良を改善するために、疲れをためないことや良質の睡眠をしっかりとることです。また、ホットパックなどで目元を温めるのも良いでしょう。ただし、マッサージはあまりおすすめできません。自分でするには力加減が難しく、つい力が入ってしまい。摩擦が薄い皮膚にダメージを与えてしまします。

 

 

茶クマ
原因と症状:

目をこすったりして刺激を受けることで、色素沈着が起こり茶色のクマになります。また、角質が分厚くなることも。

 

対処法:

目への刺激による色素沈着が原因なので、強くこすったりしないように心がけることが大切です。そのためには痒みの原因の乾燥を改善する必要があります。保湿をしっかりするのが大事です。色素沈着ケアとしてビタミンCを食事で積極的に摂取したり、ビタミンC融合体の化粧品で目の下をケアするのもおすすめです。

 

 

黒クマ
原因と症状:

目の下がくぼむことで影ができ、その影が黒く見えるために起こります。影なので上を向くと目立ちません。原因は年齢を重ねることにより、コラーゲンの生成が低下することや、皮膚が薄くなることがあげられます。

 

対処法:

原因は目の下にできる影なので、影ができてしまう原因を取り除くことが大切です。意外と影ができる理由は目の下の脂肪です。元々目の下に脂肪の多い方もいますが、年齢を重ねると筋肉が衰えるので脂肪が目立ちふくらんでたるんでしまうこともあります。ハリ不足により起こるので、ハリを与えてくれるようなアイクリームの使用がおすすめです。

 

 

目の下のクマについてのまとめ

 

目の下のクマには大きく分けて3種類あることが分かりました。それぞれの場合もありますが、同時に複数の悩みを抱える混合タイプも存在します。それが自分ではなかなか分かりにくいものなのです。

 

そのため、どのタイプの症状にも対処できるアイクリーム・アイキララがおすすめです。アイキララは目の下のケアをしているユーザーが選ぶ、アイクリームのランキングで第一位を獲得しています。

 

今、アイキララ公式サイトでは全額返金保証付きで購入できます。目の下のクマのお手入れは早いに越したことはありません。この機会にアイキララを試してみてくださいね。

 

 

>>【アイキララ】全額返金保証付きでの購入はこちら